創意工夫と確かな技術で未来につなげる

大阪のX線探査なら都築ダイヤモンド工業株式会社

06-6797-6025

06-6797-6020

〒547-0026
大阪府大阪市平野区喜連西1丁目19-47

インターネットからのお問合せ

Q&A

よくある質問(Q&A)

Q. 放射線の心配は?

. 放射線は残留することは、絶対にありません。 X線は放射線の一種ですが電気的に発生させるので、電源を切れば瞬時に消滅し、残留することはありません。 照射されたものを放射性物質に変えることはないので照射された物体・水・空気などが汚染されることは絶対にありません。 ですから、病院の胸部レントゲン検査や空港の手荷物検査などに利用されているのです。

Q. 撮影から現像までの時間はどのくらい?

. 現場の状況により撮影時間は異なりますが、1ヵ所あたり約20~30分程度で、現像時間は、一律10~15分程度です。 尚、X線の照射時間は、コンクリートの厚さによって異なりますが、10秒~3分くらいです。(厚さ200mm以下は、10秒。)

Q. X線撮影するところからどれくらい離れていれば安全ですか?

. 半径5m以上離れれば安全です。 労働安全衛生法(電離放射線障害防止規則)では、「立入り禁止区域」及び「管理区域」により人の出入りを制限しています。 「立入り禁止区域」とは線源より半径5mの範囲または、実効線量が1ミリシーベルト/週を超える恐れのある区域とされ、「管理区域」とは、 実効線量が1.3ミリシーベルト/3ヶ月を超える恐れのある区域と定めています。 これらは、胸部レントゲン検査で浴びる量の5~10分の1程度の量であり、指定される区域に立入らなければ全く心配いりません。

Q. X線撮影をするのには何か資格が必要なのでしょうか?

. 国家試験に合格して与えられる『X線作業主任者』の資格が必要です。 各現場ごとに、放射線に関する知識と技能を有するX線作業主任者を必ず選任することが義務付けられていますので、安全管理も万全です。

Q. X線と電磁波レーダーは、電子機器等に悪影響を及ばすことはないでしょうか?

. 電子機器の信号を乱したり機器に使用されている部品類に悪影響を及ぼしたりすることはありません。 X線・レーダーとも電磁波であり、電磁波によるソフトエラーは起こりません。また、磁気的な作用もないので磁気テープやディスクの内容を破壊することもありません。 写真の生フィルムはX線によって感光してしまう恐れがあります。

弊社への求人に関するよくある質問にお答えします。

Q. アルバイトとして働くことは可能ですか?

. 当社の希望は、将来の管理能力者を求めて居ります。短期的に必要とする場合も有るかも知れませんが、基本は幹部となる正社員を求めております。

Q. 研修期間は有りますか?

. ご縁があり、ご採用させて頂く前に見習い期間が、御座います。研修期間と同様に御考え頂いても結構です。貴方自身の最適な職場を見出して下さい。

Q. どの様な人材を求めていますか?

. 前項にも記載致しましたが、正社員となって頂いて指導者となる人材を求めております。常に前向きな”やる気の有る”人材を求めてます。

Q. 残業の頻度と月に時間有りますか?

. 強制の残業は御座いませんが、仕事の状況によりお願いする場合が、御座います。今までのケースですと月約20時間程度です。

投稿日:2017年7月14日 更新日:

Copyright© 大阪のX線探査なら都築ダイヤモンド工業株式会社 , 2018 AllRights Reserved.